トップページ > 使用方法 > 朝のお手入れ
-----------------
使用方法
-----------------
[ 朝のお手入れ ]

朝のお手入れ

----------------
洗顔
----------------
デューミラン マッサージ
(参考画像)
あずき2粒分のクリームを、乾いた手のひらにとります。
(参考画像)
両手でクリームが透明になるまでよくすり込みます。
(クリームのpHをご自分のお肌のpHに近づけ、
  ツッパリ感をなくします)
(参考画像)
透明になりましたら、手のひらに水分を加え泡立てます。
お顔をつつみ込むように下から上へやさしく洗います。
すすぎは十分に。
----------------
保湿
----------------

/user_file/greenbelle-hp/html/image/main/101/set3_block_img004.jpg

(参考画像)
保湿液です。
3〜4滴を手にとり、手のひら全体を使って、
お顔全体になじませます。
*季節、肌質に合わせて、適量をご使用ください。
乾燥、小ジワの気になる方は、お好みでアクアの後に
オイルをお使いください。

 

----------------
メイク下地
----------------

/user_file/greenbelle-hp/html/image/main/101/howto1_block003.jpg

(参考画像)
1円玉くらいの量をお顔全体にむらなくのばし、
よくなじませます。
紫外線防止にすぐれています。
*いったんとり出したミルクは、絶対に容器へ
戻さないでください。

 

----------------
ファンデーション
----------------
/user_file/greenbelle-hp/html/image/main/101/howto1_block004.jpg
使用量
参考画像
ファンデーションは、素肌の色よりも一段階明るめに仕上げるとキレイにみえます。
肌色のチャートを参考に、ファンデーションを調合しましょう
ベースカラー(グリーン+イエロー)
(参考画像)
グリーンとイエローのビンを振り、2層をよく混ぜ合わせます。
(参考画像)
手のひらにグリーンを10円玉くらいにイエローを2〜3滴とります。
*グリーンとイエローの比率は、季節、生活環境にあわせて調節してください。
(参考画像)
指先でお顔にのせて全体にむらなくのばし、 ローションタイプのファンデーションがクリーム状になるまで、よくなじませます。
(参考画像)
クリーム状になったら、乾いたスポンジパフで押えます。
(参考画像)
ベースカラー完成
フェイスカラー(ピンク+オークル)
(参考画像)
ピンクとオークルのビンを振り、2層をよく混ぜ合わせます。
(参考画像)
手のひらに2色あわせて10円玉くらいの量をとり出し、ご自分の
肌色をつくります。 指先で軽く混ぜ合わせます。
(参考画像)
ベースカラーの上に肌色をのせ、お顔全体にのばして
よくなじませます。
(参考画像)
仕上げに乾いたスポンジパフで軽く押さえ、髪のはえ際や首筋まで
なじませます。
(参考画像)
フェイスカラーの完成
チークカラー(レッド)
(参考画像)
レッドを振り、2層をよく混ぜ合わせます。
(参考画像)
2〜3滴を手のひらにとり出します。
(参考画像)
指先でよく擦りこんで、水分をとばします。
(参考画像)
色素が濃くなったら、指でほほ骨にそってなじませます。
(参考画像)
のばしたチークカラーの周りを乾いたスポンジパフでぼかし、
ファンデーションとなじませます。
(参考画像)    ファンデーションの完成
------------------------------